『ぼくたちは習慣で、できている。』

佐々木典士 

ワニブックス

2018年6月発売


週二回のジョギングに筋トレ。一日一食に早寝早起き。30代になって始めて、すべて習慣付いたと思ったのに。年末年始の繁忙期に振り回されていたら、気付いた時には全部ガタガタに崩れていた…しかもタチが悪いことに繁忙期を過ぎた今になっても以前の習慣は取り戻せていない。テレビも捨てたし、マックブックも買った。完全に人生の転機になった本と言っていい。「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」ミニマリスト、佐々木典士さんの二冊目になる著書。岡山「紀伊國屋書店」で購入。

 

モノとお金から解放され、フリーランスにもなった佐々木さんが本の執筆にあたって選んだ次のテーマが「習慣」。イチローや村上春樹さんの言葉、偉大なる哲学者の名言や、ご自身の経験を巧みに織り交ぜながら。どうすれば習慣が身に付くのか、どうしたから習慣が身に付かないのかが、この本によって白日の下に晒された。意思の強さも、気合や勢いも、天才である必要も、才能も年齢もまったく関係ない。とにかく身構えずに小さいことを積み重ねる。明日じゃなくて今日。300ページにもわたって良質な習慣を身に付けるテクニックが濃密に綴られた一冊。また人生の転機が訪れそうだ。

 

 

『本の街あるき 2018年6月 ❹』