『前進する日もしない日も』

益田ミリ 

幻冬舎 

2011年2月発売


本を読むスピードが上がったのか。いや、この本がとても面白かったんだきっと。先日参加した岡山、児島で開催された古本蚤の市「SOHO BOOK MARCHE」。このイベントの行き帰りの電車の中で一気に読めた一冊。イベントに出店していた「古本ながいひる」で以前購入していました。 

 

タイトルで選ぶので作者で本を読むことはないんだけど、ここ数年で一番多くの著書を読んでいるのは益田ミリさんだと思う。悶々とマイペースに物事を考えている。いくつか読んだ益田さんの漫画の主人公の性格はだいたいこんな設定なんだけど、この本で自分が想像していた益田さんのイメージがすこし変わった。ベースは漫画の主人公と似てるけど、もう少しだけ豪快な印象。あんまりグジグジしてもいなければ、意外とアクティブで行動的。そんな益田さんの日々を綴ったエッセイに気付いたことが一つあった。益田さんは最近読んだ自己啓発本が提唱する理想的な生き方をされていると!この本を買ったときには思いもしなかった感情。自分、この人に憧れています。

 

 

『本の街あるき 2015年9月』