『「ポジティブ脳」のつかい方』

茂木健一郎

学研プラス

2016年4月発売


ちょっとしたやり取りでも。やっぱり人と関わるのは楽しい。ただし相手は他人。全然予想してない状況になったりもする。以前はパニック一直線って感じだったけど、最近は半分パニックになりながらも半分は片目を開けていられるようになった。なんとか自分を立て直そうと一心不乱に情報をかき集めてるこういう時の自分の勤勉さには我ながら感心する。強がりでもなく成長させてもらっているというか。素直に感謝してます。やっぱり人と関わるのは楽しい!

 

「私も「今、ここ」を生きることを、何よりも大切にしています」。いろんな対人関係や人間関係をどうにかしようとする類の本を読んでて、どの本にも出ていて、どの本でも最重要とされていた言葉がこれ。尾道の「花本書店」で購入。ニセモノではなくホンモノの「ポジティブ脳」を手に入れるためのコツが書かれた一冊。根性論だけでなく、むやみにポジティブになることへの危機感も漏らさず指摘。その対処法も勿論しっかりと。どんな状況にいたとしてもいつでもひっくり返すことができる秘伝の教えが満載。何度も何度も繰り返し読んで脳に本の内容を染み込ませたい。

 

 

『本の街あるき 2017年9月 ❶』