『もしもし、運命の人ですか。』

穂村弘 

メディアファクトリー

2007年3月発売


これから読む本を買いに行く。積読本も残ってはいるんだけど、手に取った時の気分が冷めないうちに読みたい。このスタイルをどうにか確立しようと思っている。映画「君の名は。」を観た直後にお店に行ったので、タイトルに妙な親近感を感じてしまった。本は岡山「古書五車堂」で購入。

 

横に座ってる女の子のことが気になって映画のことが全く頭に入ってきてない高校生。本はそんな雰囲気が充満している。最初にかなりの拒否反応が出て、途中でそれに慣れて楽しくなってきて、最後はそのくどさにやられて逃げるように一気に読んだ。でも気持ち悪くはない。すごい共感もした。男なら誰しも絶対思い悩むと思う。ただ、この本の場合はなかなかの大人になってもこの思いが持続されているのが凄い。しかも巧みな文章の技法とテンポで読者に提示してくるところがまた厄介というか…「君の名は。」で恋愛って素敵だなと思ったのに。純粋になりかけてた気持ちにまた影が落ちた。とても面白いなと思いました。

 

 

『本の街あるき 2016年9月 ①』