『マンガがあるじゃないか』

単行本

河出書房新社

2016年1月発売


ドラマ「重版出来!」ロス。は案外早く消え去ってくれたけど、自分の中のマンガに対する種火は静かに燃え続けてくれているみたいだ。本は岡山に新しくできた本屋「HAHU 本と手しごと。」で買いました。店内入ってすぐの一等地に配置されていた一冊。

 

14歳の世渡り術シリーズ。読み始め、推薦文を寄せている方の文章がイヤに丁寧で説明的だなと思ったのが、この本の制作意図を知って俄然納得がいきました。自分が14歳の時だってマンガに対する解説本のようなものはあったし、マンガが絶対悪という時代でもなかった。なかったけど…それにしてもうらやましい時代になったもんだ。様々な年代やジャンルの著名人の方が推薦文を寄せてるけど、比較的若手の人の文章は一生懸命さというか。本の魅力を伝えようとする必死さが伝わってきて好感が持てる。逆にベテランの方の文章はトーンは落ち着いているんだけど、心にズドンと響いてくる文章があったりしてドキドキしたりする。とにかくどちらの推薦文でもマンガを読みたくなることは間違いない。14歳に読ませるだけではもったいない!老若男女にオススメできる一冊。

 

 

『本の街あるき 2016年6月 ①』